RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

11月8日の練習

2010.11.11 Thu
またも遅くなってすみません、11月8日の練習報告です。

発声
・女声(ソプラノ)は高音域も臆せず歌いましょう。
・目線、表情はだいぶよくなりました。この調子で!

男声・女声に分かれてわがふる練習

松永先生御指導のもと
木菟
・メロディーラインを綺麗に。ソプラノは音を正確に。
・「木菟が鳴いている ああまた…」の「ああ」と「また」で言い直しましょう
・7小節目、ソプラノのC(ド)をきちんと保ちましょう
・17小節目「こたえる」一音一音分けずに流しましょう。「る」が飛び出さないよう注意
・19小節目ベースソロは喉を締めずに、上に向かって響かせるイメージで
・以降四分音符の連続が続きますが、簡単なテンポのときほど情感を出すのが難しいです。しっかり表現できるようにしましょう
・31小節目「さて何だらう…」棒読みにならないよう工夫を!
・40小節目からの「ただそれだけ」こちらも棒読みにならないよう、絶望感を表現しましょう
・54,55小節目のアルトソロは出だしと〆のみ指揮(指示)が出ます(フレーズ間のテンポはアルトで自由に)。言葉をしっかり立たせましょう
・ラスト「この木菟もさ」は「も」「さ」が重たくならないように。軽く歌いましょう

校歌四部がちょっと大変なことになっていましたので各自音を確認しておきましょう。必ず!!

木曜は三回生がガイダンスのため欠席です。一、二、四回生の皆さんよろしくお願いしますm(_ _ )m
スポンサーサイト


Category:本日の練習 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<11月11日の練習報告 | HOME | 11月6日の練習>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://mugleeclub10.blog133.fc2.com/tb.php/81-2f05af58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。